【第2話】復讐の赤線、感想・ネタバレ 日々感じさせられる冷遇、いつも助けてくれる篤人

復讐の赤線~恥辱まみれた少女の運命~

「復讐の赤線~恥辱にまみれた少女の運命~」は葉山いずみさん、慶優さん、ユーナさんの作品です。

次に頼子を引き取ったのは母方の遠い親戚杉山家でした。

杉山家でも辛い扱いを受ける頼子・・・しかしこれまでと違うのは、長男の篤人の存在です。


頼子に優しく接する篤人・・・。

そのことで頼子は、恵子に!?

  • まだ前話を読んでいない方はこちらから↓

1.復讐の赤線【第2話】考察予想と感想

戦争が終わったばかりなのにとてもいいご飯を食べているので、かなりのお金持ち?かと思いました。


頼子と同い年の恵子は、わがままで兄の篤人に気に入られている頼子が許せないようでした。

そのことで、かえって頼子は恵子から辛い仕打ちをされるのかと思うとかわいそうで仕方がありません。

2.復讐の赤線【第2話】ネタバレとあらすじ

※ネタバレ注意!!

・唯一の写真

頼子が触るとワンピースが汚れてしまう!と恵子は頼子をぶちました。


涙を流す頼子には、両親がおらず誰も助けてくれないことを哀れみ、孤独な頼子を引き取ってあげた杉山家に感謝しなければならない、と恵子は言いました。


頼子の両親の写真を破り捨てる恵子

・この気持ちは・・・

床を拭く頼子に近寄り、バケツの水をこぼした俊人は、濡れてしまった足をなめるように頼子に催促します。


杉山家の奴隷≫という言葉がよぎった頼子は、足をなめようとしました。


「やめろ!」

頼子を家族と言う篤人は、水を拭くのを手伝います。

頼子も濡れていたため拭こうとする篤人を頼子は恥ずかしくなり避けてしまいました。


篤人との幸せな日々が長く続かないことを頼子はまだ知りませんでした。

3.復讐の赤線【第2話】感想と次回【第3話】考察予想

恵子はかなり怖い女の子です。

頼子と対象的に描かれているのでとても際立っています。

長男の篤人が頼子に優しいのもどこか気に入らないのかもしれません。


4.まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました