【第38話】復讐の赤線、感想・ネタバレ 冷え切った家族、篤人を温めるため、裸になる恵子

復讐の赤線~恥辱まみれた少女の運命~

「復讐の赤線~恥辱にまみれた少女の運命~」は葉山いずみさん、慶優さん、ユーナさんの作品です。

頼子を巡って争う兄弟。

娼婦として正しく二人を見送った頼子。

そんな頼子が不可解に思うこととは!?


  • まだ前話を読んでいない方はこちらから↓

1.復讐の赤線【第38話】考察予想と感想

俊人もそうですが、修も何度も頼子と枕を共にしています。


修と頼子の今後の関係にも注目したいです!

2.復讐の赤線【第38話】ネタバレとあらすじ

※ネタバレ注意!!

・お金の葬儀

顔に闇を抱え喪服を纏う信子。

そんな信子を前に、篤人は置かれた境遇に絶望します。

それは家族である頼子と同じ悲しみを分かち合えないことでした。


恵子がたとえ気を効かしても、信子には何も染み入りません。

なぜなら、自分の身を案じる以外、眼中にないからでした。


金の出はあるものの、入りを失くした信子。

功の喪失ではなく、金の行方を何よりも心配しています。


恵子も悲しみに暮れることはありません。

篤人は、功の代役を担うことを恵子に言いました。

恵子は、篤人ではなく俊人に働かせるべき、と話します。

俊人の名前を出されたことで、篤人には、憎悪が生まれます。

なぜなら、俊人と頼子の関係に嫉妬したからでした。



・一つになれる兄弟

そんな篤人の様子がおかしいことに、恵子は気がつきます。

去ろうとする篤人の腰に手を回し、背中に顔を預ける恵子。


戸惑う篤人に、恵子は越えることが難しい想いを伝えました。

そして、淀んだ喪服を脱ぎ捨て、露になった下着姿。


抱きつく恵子を兄妹ゆえ、拒む篤人。

しかし、恵子はある真実を話します。

それは、血の繋がらない兄妹であること。

さらに、篤人は杉山家とは関係のない血筋でした。


一つになれる関係と伝えた恵子は、顔を近づけます。


それでもなお冷静な篤人は、恵子に上着をかけ、部屋を出ました。



3.復讐の赤線【第38話】感想と次回【第39話】考察予想

やっぱり、篤人は杉山家の血が入っていませんでした!

顔つきが恵子や俊人、と違っていたので、もしかしたら・・・と思っていました。


4.まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました