【3巻第③話】あずみ、感想・ネタバレ ひゅうがたちとの違いを知ったあずみは困惑する

あずみ

「あずみ」は作家小山ゆうさんの作品です。

船にのったあずみは突如猪蔵に襲われてしまいます。

逆らえないように裸にされたあずみは、一目も憚らず猪蔵と戦いました。



裸でも戦い続けるあずみが誤算であった猪蔵は、真剣に勝負します。

刀の毒に警戒しながら戦うあずみは・・・。


  • まだ前話を読んでいない方はこちらから↓

1.あずみ【3巻第3話】考察予想と感想

裸のまま戦うあずみは、すごくかっこよかったです。

なりふり構わず、人目も気にせず行動できるあずみに私も見習って頑張らなくては!と思いました。



戦いのシーンでは、毒を警戒する裸のあずみになぜかドキドキしました。

毒を警戒するあまり、いつものあずみの真の強さが見れず、どうなることかと心配しましたが、最後に猪蔵に留めを刺すことができてとても安心しました。


軽々とあまぎを担ぐあずみにもいつものことながら惚れ惚れします。

あずみの戦いを見てしまった乗船客たちは、一人も残さず消されてしまうのでしょうか?

2.あずみ【3巻第3話】ネタバレとあらすじ

※ネタバレ注意!!

・女になったあずみ

何者に襲われて、なんで裸なのか!?と質問攻めするひゅうがにあずみは淡々と説明していきます。

あずみは斬られてしまったのか!?とひゅうがはさらにあずみに問いました。



斬られたところはない!とあずみははっきりと言いますが、ひゅうがはあずみの内太ももに血が流れていることを伝えます。


自分の股を覗くあずみは、斬られていないのに血が出ていることに動揺し、爺に助けを求めました。

心配はいらない・・・という爺は、あずみを連れていきます。



それを追いかけようとするひゅうがはうきはに止められました。

うきはたちと少し離れた場所で、あずみは爺からあずみが大人の女になったことを説明され、うきはもまたひゅうがにあずみがそうなったことを教えます。

なぜうきはそのことを知っているのか不思議に思ったひゅうがに、うきはは弥衛門様に教わったことを伝えました。

・ひゅうがとうきはに探究心

あまぎを埋葬したあずみたちは、すでに尾行されていると判断し敵を誘い出すため馬に乗って走り出すことにします。

馬に後ろ向きに乗るひゅうがは、追手がいないか確かめています。



街に着いたあずみたちは宿に泊まることに、爺はあずみに着物を着せ、女の言葉やしぐさを教えました。

真似をするようにあずみに促しますが、あずみは全く従わず男だと言わんばかりに抵抗します。


なぜ自分だけが女で、ややこしく今まで通りにできないなか、と不満を爺にぶつけました。

街で遊び終わったひゅうがとうきは、川原で後ろ姿の女が佇んでいるのを見つけます。

実はそれは女の格好をしたあずみで、ひゅうがとうきはは驚きのあまり声がでませんでした。

3.あずみ【3巻第3話】感想と次回【3巻第4話】考察予想

かなり興味深いシーンが盛りだくさんでした。

あんなにかわいい顔をしているあずみが、女のように振る舞うことを教える爺に抵抗するため、わざと下品なことや男や俺などと言い張る姿がとても面白かったです。



爺が見本として女のしぐさを真似するところは、一番見てほしいと思いました。

シャンと座る爺の前でとぼけた動きをするあずみのシーンはとてもシュールで良かったです!

女の子の格好をしたあずみはすごくキレイで、ひゅうがやうきはたちと同じようにドキドキしました。


あずみが女になる一方、ひゅうがたちも性に関して興味津々です。


爺はあずみには、女を教えますがひゅうがたちにも男を教える時が来るのでしょうか?



教えなくても、進んで学びに行っているので大丈夫かもしれません。

4.まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました