【第20話】旦那が美貌を隠す訳、感想・ネタバレ 嬉しくてつい、レティーシャを抱きしめてしまったエルデン

旦那が美貌を隠す訳

「旦那が美貌を隠す訳」は作家Hararaさん、Gabi Namさん、Jungyeonさんの作品です。

クラクスを倒したレティーシャは、目の前に現れたのはエルデンに駆け寄り抱きつきました。


7年ぶりの再開と、ハルステッドを守り抜いた嬉しさを表すレティーシャ。



そしてエルデンもまたレティーシャをしっかりと抱きしめます。

・まだ前話を読んでいない方はこちらから↓


1.旦那が美貌を隠す訳【第20話】考察予想と感想

19歳になったレティーシャと22歳になったエルデン・・・。

若い二人は、立派な領主として無事にハルステッドを守り抜くことができました!

領主としては立派な二人ですが、まだまだ恋愛に関しては未熟で、そんな二人のもどかしさが読んでいる方もモジモジしてしまいます。

2.旦那が美貌を隠す訳【第20話】ネタバレとあらすじ

※ネタバレ注意!!

・となりで眠っているのは・・・旦那様


夜が明けてレティーシャは、目を覚ましました。

泣きつかれて寝てしまったとベッドで恥ずかしくなるレティーシャの手は包帯で巻かれています。


ベッドの横には疲れて眠るたくましい身体をしたエルデンがいました。


レティーシャの介抱をしたのはエルデンのようです。



エルデンに触れようとしたレティーシャ・・・。

突然その手を握りレティーシャに覆い被さるエルデン




エルデンは暗黒界において常に気を張りつめていたため、気配を感じて飛びと起きたようでした。


緊張と恥ずかしさから慌てる二人。

・つい抱きしめてしまった

ふとエルデンの背中を見るレティーシャは、エルデンが7年前とは違いたくましくなっていることに気がつきます。



7年の時が流れてしまったため、すでにレティーシャがハルステッドから姿を消しているとエルデンは考えていたようでした。


しかし、レティーシャが7年たってもなおハルステッドに居たことが嬉しくて、つい抱きしめてしまったことをエルデンは謝ります。


そして急に昨日のレティーシャの戦いぶりに目をエルデンは輝かせました。


クラクスを倒したこと以上に一人も犠牲を出さなかったレティーシャを素晴らしいと言います。


秘密の書」のおかげで戦うことができたとレティーシャは言いました。


さらに子供のように話を変えるエルデンは、レティーシャにあるものを渡します。


「全部見つけ・・・」と差し出したのは、レティーシャが見つけてほしいと頼んだ「秘密の書」でした。

3.旦那が美貌を隠す訳【第20話】感想と次回【第21話】考察予想

7年前とは違い、かなり筋肉がついてたくましくなったエルデンの登場に歓喜しました。


読んでいるだけではわかりませんが、エルデンは声変わりしている可能性もあります。


やっと夫婦二人が側にいることができて良かったです。

4.まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました