九尾の狐とキケンな同居【第141~145話】ネタバレ・あらすじ

九尾の狐とキケンな同居

  • まだ前話を読んでいない方はこちらから↓


※ネタバレ注意!!

1.九尾の狐とキケンな同居【第141話】あらすじ

~茜の覚悟~

凉子は、千鳥足の成仁(なりひと)を抱えています。

そこに、成仁を迎に、兄の成知と成春が来ました。


成仁を送るのは、茜の役目、と成知が言います。


その話を聞き、ゾッとした凉子。

地面に寝そべる成仁を兄たちは、蹴りました。


成仁をぞんざいに扱う二人に、凉子は怒りました。


痛がる成仁をかばい、二人が本当に兄弟か聞きます。


二人は、じゃれているつもりでした。

成仁を起こそうと必死になる凉子を見て、二人は笑ってしまいます。

なぜなら、凉子が成仁から聞いていたが彼女、と気づいたからでした。


成仁が、どんな風に凉子に接しているか、成知は聞きます。




茜の言葉に甘えたくなる亮。

しかし、その言葉を受け入れることは、やはり難しいと感じます。

その理由は、受け入れることで、茜を傷つけてしまうからでした。

茜に触れたいために、人間になるには、茜から精気をもらうしかないからです。


そして、これから全てにおいて耐える、と亮は言いました。

しかし、茜は弁解します。

それは、他の人を傷つけることもさせない、そして亮の願いを諦めないことでした。



その解決策は、茜が玉を持つことです。

亮から玉をもらうため、亮の口に近づく茜


しかし、亮は「今は・・・」と茜を拒みます。


そして、後日話そう、と言い残し道術を使って消えてしまいました。

2.九尾の狐とキケンな同居【第142話】あらすじ

~巧みな道術~

逃げた亮は、凉子の車にいました。

成仁を送り届けた凉子は、車に乗り込みます。

亮の存在に気づき、驚きました。

亮から茜との会話を聞いた凉子。

せっかく、後押しした凉子は、亮の態度が気に入れません。

人間になるまであともう少しなら、茜の体も大丈夫、と凉子は言います。

それでも、亮は茜を危険にさらすことができませんでした。


茜と顔を会わさないように、道術を巧みに駆使して亮は、逃げます。


背後から忍び寄る茜、待ち伏せする茜、追いかけてくる茜から、亮はなんとか逃げました。


しかし、亮の受け持つ講義に、受講していないにも関わらず茜が、教室にいます。


茜は、無理やりにでも亮から玉を取り上げよう、と模索していました。

講義を受けながら考えていると、亮の手が震えていることに気がつきます。

追い込んでしまったために、体調がおかしいのか、茜は心配しました。


授業が終わり、茜は友達と卒業式について話しています。

そして、卒業式に着る服を友達にネットで注文してもらう茜。

この調子だと、卒業式も楽しく過ごせない、と加治田茜は、研究室に行こうと考えます。


その頃、亮は研究室で苦しんでいました。


3.九尾の狐とキケンな同居【第143話】あらすじ

~避けられない飢えに・・・~

亮は、飢えに苦しんでいました

研究室にやって来た凉子。

亮を抱え込むと、たちまち精気を吸われてしまいます。

早く茜を呼ばなければ、と凉子は思いました。

しかし、亮はやはり茜を危険にはさせたくありません。

茜はそれを受け入れるつもり、しかし、亮は、それを受け入れることができませんでした。



悩む亮に、凉子は楽に考えればいい、と言います。


研究室に行こうとする茜。

しかし、成仁(なりひと)に阻まれます。

成仁は、昨夜のことを怒っていました。

それは、酔っ払った自分を凉子に任せたことです。

そのことで、兄弟からからかわれていました。

きっと、何か凉子にしてしまった、と成仁は思っています。

もし別れることになれば、茜を成仁は責めるつもりでした。


泣きながら去っていく成仁。

茜に凉子から連絡が入ります。


凉子に呼び出された茜。

凉子は、以前茜に教えた男性との関係の持ち方について話します。

その教えを亮に使うべき、と凉子は言いました。


それは、亮に冷たくすることです。

いつまでもこのままだと、埒があかない、と凉子は考えています。


この関係が狐である亮にとっては、短くても、人間の茜には長すぎる、と凉子は言いました。


茜は、亮と普通に付き合い、年を取りたい、と思っています。

それでも、話し合いで解決できないことに、納得できません。


茜がいつもそばにいることに、亮は安心する、と凉子は言いました。

突き放しても、そばにいてくれる茜。

亮を追い込むため、作戦を考える凉子。


4.九尾の狐とキケンな同居【第144話】あらすじ

~駆け引き~

亮を追い込むために、凉子が考えた作戦。

それは、茜が他の男性といい雰囲気を醸し出すことでした。


これまでの亮の行動を読み取る凉子。

茜が近づけば離れ、離れようとすれば、引き寄せることです。


凉子の作戦に、少し納得した茜。

さっそく、男性を探します。

初めに出会った定石先輩。

彼は、茜の初恋相手でした。

しかし、彼には長く付き合っている彼女がいるため、外します。


二人目は、林光輝でした。

光輝の自分に対する気持ちを悪用することに、気が引けた茜。

光輝も、外します。

他に思い浮かんだ成仁(なりひと)の兄弟二人。

しかし、そもそも大事なのは、見せるのではなく伝えること、と茜は思いました。


そして、直接亮にメッセージを送ります。

その内容は、関係を終わりにしたい、でした。




そのメッセージを呼んだ亮は、固まります。

5.九尾の狐とキケンな同居【第145話】あらすじ

~天の邪鬼~

亮は何度、連絡をしても茜から電話もメッセージもありません。


校内で、女子生徒に声をかけられながらも茜に、亮は電話します。

茜の姿を見つけた亮。

茜は、スマホの画面を見て、しまってしまいました。


その茜の態度に亮は、理解していたつもりです。

茜には、いつでも関係を終わらせる選択肢があることです。

そして、亮は山の神の姿を窓ガラスに投影させました。

山の神が言っていた、化け物と人間の出会いは、偶然である、という発言。


たとえそうだとしても、亮は茜を諦めきれません。

一方、家に帰った茜は、さすがに返信すべき?と悩んでいました。


家で悶々と悩む茜。

そんな茜に、声をかける人物がいます。

それは、突如として現れた亮でした。


これまで、逃げていた亮。

茜が突き放すことで、何事もなかったかのように、茜の前に現れます。


亮は、茜の腕を掴み、逃げてしまったことを謝りました。


引き下がる茜に、亮は聞きます。

それは、関係を本当に終わらせるかどうかです。

茜の答えを待つ前に、亮は終わりにしたくない、と言いました

しかし、茜は何も話すことはない、といい離れて行きます。


呆然とする亮。


茜は、やりすぎたかもしれない、と悩んでいました。


コンビニの前でお酒を飲む茜の前に、成仁(なりひと)が座ります。

成仁は、凉子と別れるべきか迷っていました。

自分とは違い、凉子は本気ではない、と成仁は感じています。

そして、凉子には好きな人がいる、と成仁は言いました。



しかし、茜は凉子も成仁に気がある、と思っていました。


別れを告げられるまで、待とうか悩む成仁。


考え込む茜は、あることを思い付きます。

・九尾の狐とキケンな同居【第146~150話】あらすじ

  • 続きが気になる方はこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました