【第35話】まずは片想いから、感想・ネタバレ 友達選びは慎重に・・・、美咲の分岐点

まずは片想いから

「まずは片思いから」は作家gillzoneさんの作品です。

疑問を問いかける美咲。

それは、女子高生が他の生徒を貶している理由についてでした。

そんな美咲の態度に、女子高生は・・・!?


1.まずは片想いから【第35話】考察予想と感想

これが、転校の理由?

2.まずは片想いから【第35話】ネタバレとあらすじ

※ネタバレ注意!!

・食い違い

美咲の態度が気に入らない女子高生。

美咲に牛乳をかけた生徒に制裁を与えていた女子高生は、あくまでも美咲のことを思っての行動でした。

しかし、美咲は制裁してほしい、とお願いしたことはない、と言いました。

美咲のその言葉で、ついに女子高生は怒ります。

他の女子高生もまた、美咲が可哀想、と感じたため、行ったことである、と平然と答えます。

美咲には、その女子高生の謝らせ方に違和感と嫌悪感を抱き理解できませんでした。

その場を去る美咲。

変な雰囲気になり困惑する女子高生と無表情で美咲を見つめる女子高生が、その場に残されます。



・ふしだら

家に帰宅し、お風呂あがりの美咲。

そこに、美咲の家の前まで来たため、会えないかどうか問う連絡が、女子高生の恋人から来ました。

くだらない、と無視をする美咲。

しかし、家のインターホンが鳴り、美咲は慌てます。

なぜなら、母親が美咲が家にいることを訪問者に伝えてしまうことを防ぐためです。

しかし、すでに遅く母親は、美咲の所在を答えてしまっていました。

家から出ることを訪問者に伝える美咲。

家の外には、女子高生の恋人がいました。

女子高生の恋人は、美咲が体調を崩して早退したことを心配して来たようです。


心配される理由がない、と美咲は答えました。

お風呂あがりの美咲をしっかり見る女子高生の恋人は、近所まで歩こう、と誘います。

断る美咲の腕を掴み、連絡を無視する美咲の態度がひどい、と女子高生の恋人は話します。

美咲は、女子高生がこのことを知っているのかどうか、問いかけました。

女子高生の恋人は、美咲の所に会いに来ることに何の問題があるのか、と美咲の両腕を掴みます。

自分の何が至らないのか本気でわからない女子高生の恋人に、鳥肌が立つ美咲。

一度なら大丈夫、と凄む女子高生の恋人を自分から離すため、美咲はお腹を殴りました。

考え方がおかしいため、この場からいなくなるよう促す美咲は、家に入っていきます。

家に入ってもなお携帯に女子高生の恋人から着信が来る美咲。

早い段階で、拒否しておくべきだった、と美咲は後悔しました。

一睡もできなかった美咲は、先日女子高生の恋人が、家までやって来たことを女子高生に話すべきかどうか悩んでいました。

女子高生を不憫に思う美咲は、女子高生とも雰囲気を悪くしていたことを思い出します。

いつもの路地裏にたむろする女子高生の元にやって来た美咲。

女子高生に話しかけようとする美咲の鞄を女子高生は、乱暴に引き離し、投げました

なぜ鞄を投げるのか理解できない美咲に、女子高生はあることを問いかけます。

それは、美咲が女子高生の恋人に悪さをしているかどうかでした。

怒る女子高生は、美咲の態度にさらに怒りをにじませます。

美咲は、先に女子高生の恋人が手を出してきたことを証言しようとしますが、昨晩それを消してしまったことを思い出します。

女子高生の恋人は、いつも美咲が自分から何もかも奪っていく、と意見を述べます。

それは、友達や恋人のことでした。

美咲には一般的な考えがあると信じていたが、嘘であった、と辟易する女子高生。


美咲が、女子高生の恋人を奪う目的だった、と誤解した女子高生は、美咲の顔を二度と見たくない、と話します。

そして、ある写真を見せる女子高生。

それは、美咲に牛乳をかけた生徒に暴行した後の写真でした。

美咲もこうなりたいかどうか、脅す女子高生。

自分を守るには、一つのきっかけを大事にしなければならない、と美咲は頭に過らせます。


3.まずは片想いから【第35話】感想と次回【第36話】考察予想

全部、女子高生の言いがかり・・・。

4.まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました