【第54話】まずは片想いから、感想・ネタバレ 紘のためを思って、と話す大悟の狂気的な考え

まずは片想いから

「まずは片思いから」は作家gillzoneさんの作品です。

ウサギと関わることで癒やしを得た紘。

ある日、いつものようにウサギの場所に向かうと・・・・

そこには、無残なウサギの姿が!?


1.まずは片想いから【第54話】考察予想と感想

ひどい・・・。

2.まずは片想いから【第54話】ネタバレとあらすじ

※ネタバレ注意!!

・犯人は

しかし、紘は先に勉強するよう大悟に伝えました。

またしても一緒に行こうとしない紘を大悟は怪しみます。

そして、次はどこに行くのだろう、と大悟。

紘の後をつける大悟は、紘が再びウサギがいた場所に来たことに疑問を持ちます。

角を曲がり終えた紘が見えなくなったため、様子をうかがう大悟は、いるはずの紘がその場所にいないことに驚きました。

あたりを見渡す大悟の背後から、紘は声をかけます。

それは、どうして大悟がこの場所にいるかどうか。でした。

紘の存在に驚いた大悟に、紘は口調を強めてもう一度同じことを聞き返します。

気分転換にこの場所に来た、とわかりやすく動揺する大悟もまた、紘になぜここにいるのか、聞きました。

しかし、紘は自分がここに呼び出されていることが良くないことなのか、大悟に聞きます。

そして、なぜウサギの命を奪ってしまったのか、紘は言葉にします。

反省もなく、少し笑った態度を取った大悟の胸ぐらを紘は掴みました。

大悟の狂気的な考えに、冷静に問い詰める紘。

その考えの裏には、明香里が悲しい思いをしている姿を思い浮かべます。

大悟は、あくまでも感謝するべき、と言いました。

その理由として、紘の成績が落ちることを防いだため、と話します。




呼び出されて

部屋で眠る明香里は、ふと目が覚め、何時かどうかや紘がまだ勉強しているかどうか、スマホの時計を確認しました。

すると、立て付けの悪くなった扉が音を立てて開くことに明香里は気がつきます。

いつもと同じような音にも関わらず、なぜか恐怖を抱いた明香里は、起き上がり扉の方を見ました。

なぜ父親が電話に出ないのか慌てる紘の母親は、ある場所に着きました。

そこには、うなだれる大悟と大悟の母親、そして、紘の姿があります。

紘の母親に、ある人物が紘の母親であるかどうか、確かめます。

その通り、と答える紘の母親は、全く状況が飲み込めません。

3.まずは片想いから【第54話】感想と次回【第55話】考察予想

色々事件が起きそうです。

4.まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました