【第55話】まずは片想いから、感想・ネタバレ 紘を信じない家族と唯一の家族

まずは片想いから

「まずは片思いから」は作家gillzoneさんの作品です。

明香里の部屋を訪れた人物、そして紘の母親が呼び出された理由・・・。

中学生だった明香里と紘に降りかかった辛い過去とは!?


1.まずは片想いから【第55話】考察予想と感想

気になります。

2.まずは片想いから【第55話】ネタバレとあらすじ

※ネタバレ注意!!

・遠い家族

紘の母親は、大悟に話しかけます。

それは、何があったかどうかでした。

しかし、紘の母親は、大悟が怪我をしている姿に驚きました。

大悟の隣で立つ、大悟の母親は、ため息をつきながら、紘の母親に問いかけます。

それは、この状況から何も理解できない紘の母親を見下しつ、今後どう対処してくれるのか、でした。

大悟に怪我をさせたことに対して、大悟の母親は謝罪を求めます。

状況を理解した紘の母親は、すぐさまひざまずき、自分にできることがあればどんなことでもする、と謝罪しました。

そのため、大きく世間に広めないで欲しい、と紘の母親。

そんな紘の母親の態度に、唾を飲み込む大悟の母親。

帰宅した紘の顔を平手打ちする紘の父親。

勉強以外に注力した結果、警察まで巻き込んだ紘を侮辱します。

紘の母親は、紘の心配をすることなく、大悟の母親とも話がついたため、早くこの地域から出ることを紘の父親に話しています。

引っ越しをする理由は、地域の視線が気になるためでした。

有名進学校の受験を諦めることになった紘。

そんな紘のために、これまで自分が辛い思いをしてきたことが無駄になった、と紘の母親は涙ぐみます。




・近い存在

詳細な話を聞くまでもなく、あっさりと謝罪した紘の母親の態度に驚く大悟。

帰り道の車で、大悟の母親は、子供のこととなればたやすいこと、と話しています。

この一件で、紘の高校受が終わったことに、肯定的な態度を示す大悟の母親。

学校で警察沙汰を広めるために、大悟は力を尽くす、と話します。

紘は、小心者のため自分に手を出さなかった、と話す大悟。

紘の成績のためにウサギを切ったことを認める発言をした大悟に、殴りかかろうとする紘。

しかし、紘は興奮したものの、大悟に手を出すことができませんでした。

そんな紘の手を払いのけようとする大悟。

その反動で、大悟は自分から鋭い工具が置かれた場所に転んでしまいます。

家のベランダの手すりを掴みながら、外を眺める紘。

少し手に力を入れた紘の元に、靴を片方履いていないほど急いでいた明香里が駆けつけます。

紘の名前を呼んだ明香里は、そのまま紘に抱きつきました。

飛び降りては良くない、と伝える明香里は、紘が何も悪いことをしていないことについて、自分が理解している、と言いました。

そして、自分を一人にしないで欲しい、と明香里は泣きます。

飛び降りるつもりのなかった紘。

しかし、次第に涙があふれ、明香里を強く抱きしめました。

この事件がきっかけで、血の繋がりがある家族は信用できず、血の繋がっていない明香里だけが家族である、と認識した紘。

過去を思い出しながら階段に座る紘は、隣で眠る明香里が一番家族であってほしくなかった、と思いました。

紘は、スマホに連絡が入り、家の外に出ました。

そこには、大悟がいて、大和を知っているかどうか、紘に尋ねます。

紘の態度から、大和を知っていることに驚く大悟。

明香里を誘おうとしていたのに、大和に邪魔をされたことから、大悟は二人の仲を疑いました。

何も分からない、と家に戻ろうとする紘に、大悟は紘が大和を嫌いだろう、と尋ねます。

そして、大和の悪い話を教える代わりに、電話番号を教えるよう、言いました。

紘は、初めから大和が嫌いであり、明香里が大和を好きなことで一層、嫌いでした。

しかし、大悟が大和について何か情報を持っていたとしても、知りたい気持ちはない、とはっきり紘は断ります。

本当にいいのか聞き返す大悟に、紘は言い返します。

それは、大悟が生徒会長を辞任させられる可能性があることでした。

紘は大和に、大悟の学校に大悟が迷惑な行動を起こしていることを伝えるよう、話しておいたことを話します。

紘にとって、大悟はなんともない人物でした。

3.まずは片想いから【第55話】感想と次回【第56話】考察予想

なるほど・・・。

4.まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました