【第57話】まずは片想いから、感想・ネタバレ 聞きたくなかった大和からの言葉に紘は・・・

まずは片想いから

「まずは片思いから」は作家gillzoneさんの作品です。

思い起こされる過去の記憶。

明香里を見守ってほしい、とお願いした大和に、紘は幼い頃会っていた・・・。

そして、紘が大和を避ける理由とは!?


1.まずは片想いから【第57話】考察予想と感想

惹かれあう運命!?

2.まずは片想いから【第57話】ネタバレとあらすじ

※ネタバレ注意!!

・かじる

夏休みに入るため、勉強をしすぎないように忠告する大和。

しかし、そんな生徒はいないだろう、と大和は冗談を話します。

教壇に立つ大和に、女子生徒は夏休み明けも大和がいるかどうか確認するしながら、喜びました。

次回もこのクラスで授業をしてほしい、と渇望する女子生。

検討中、と話す大和は、自分が夏休み明けも勤務する話が、瞬く間に広まっていることに、驚きつつ、教室を出ました。


夏休みの話で盛り上がる教室の中、紘だけは暗い気持ちで頭を抱えています。

そんな紘に、明香里は何度も声をかけました。

やっと意識を取り戻した紘を心配する明香里。

紘が、近頃呆然としていることを明香里は、気にします。

何でもない、と話す紘は鞄を持ち上げ、先に帰っておく、と言いました。

紘の様子がお見舞いに来てから、と美咲も気がかりです。

紘は、自分の思い過ごしかもしれない、と歩みを止めます。

何度も大和と関わることで、頭に思い描いてしまう紘。

忘れよう、と紘は心がけました。

コンビニでタバコを買う大和は、財布がないことに気がつきます。

そして、最近よく財布をなくす、と自覚していました。

そこに、大和の分まで支払いを済ませようとする明香里がいました。

偶然居合わせた生徒である明香里に、タバコを買わせるわけにはいかない、とレジ前で揉める二人。

それならば、タバコ以外に欲しいものがかいのか聞く明香里。

それならば、アイス、と話す大和。

晴れ間が出ていたにも関わらず、すぐにでも雨が降ってきそうな天気を見ながら二人は、アイスを頬張ります。

新発売であるアイスがとても美味しく感じた明香里は、大和も食べるかどうか聞きました。

自分の発言に驚くまもなく、大和は明香里が手に持つアイスを噛ります。


そんな大和の仕草に胸が高まる明香里。

大和は、美味しい、と話します。




・繋がる記憶

何の関係もなく、先も不確定な大和との関係に、明香里は出会えることだけで幸せなため、それ以上望まないことにしました。

そんな明香里の前髪の部分にアイスがついているため、取ろうとする大和。

少し髪を持ち上げた際に、おでこに傷があることに、気がつきます。

慌てて傷を隠す明香里は、昔、事故に合った際についてしまったもの、と伝えました。

明香里を労り、明香里を常に見ていたはずが気がつかなかったことを話す大和。

明香里は、大和が一番恐れていることが何かを聞きます。


明香里自身は、誤った道を選んだ時、そして正しい道を誰も教えてくれない、と話しました。

大和は、知らず知らずの内に幸福になってしまうことが恐ろしい、と伝えます。

なぜ恐ろしいのか、問う明香里。

笑って誤魔化す大和は、お互いを知るうちに、気持ちの変化が出てしまう、と考えました。

雨が降りそうな中、明香里と別れた大和は紘と偶然出会います。

夏休みの予定を聞く大和。

紘は、当たり前のように勉強、と答えました。

気まずいため、なんとなく話しかけた大和は、その場から去ろうとしますが、妙に紘の視線を感じ、思わず何かあれば聞く、と話します。

紘は、疑問に思ったことはすぐ解明したくなる性格である、と伝えます。

一歩前に出る紘は、10年前の事故について聞きました。

おかしな人間と思われてでも確かめたい気持ちの紘。


大和が知らなくても大丈夫、と考える紘でしたが、大和はなぜ紘がその事故を知っているのか聞き返します。

大降りになる雨と繋がる縁。


3.まずは片想いから【第57話】感想と次回【第58話】考察予想

??

4.まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました