【第14-②話】見える子ちゃん、感想・ネタバレ ミコの除霊の力に驚いたユリア・・・

見える子ちゃん

「見える子ちゃん」は作家泉朝授さんの作品です。


ユリアの企みで映えスポットにやって来たミコたち。


映えスポットならぬ、幽霊スポットで写真を撮った結果、当然のように幽霊がいました。


引き返そうとするミコの前に現れたのは・・・。

  • まだ前話を読んでいない方はこちらから↓

1.見える子ちゃん【第14-②話】考察予想と感想


どんどん幽霊が人間の形をしつつ、ありえない形をしているのが恐怖を感じます。


実際、目の前にしているミコからすれば、とてつもない怖さだと思います。

それもまた、ミコにしか見えてないかもしれません。


2.見える子ちゃん【第14-②話】ネタバレとあらすじ

※ネタバレ注意!!

・勘違いされた力

早くトンネルを抜けようとするハナをミコは手を前にだす仕草をし止めます。


すると、ヤバめの幽霊がハナの近くにいた幽霊を取り込んでしまいました。


ユリアには、ヤバめの幽霊が見えず普通の幽霊が消えたのはミコが徐霊したと勘違いします。


驚いているユリアが、ヤバめの幽霊が見えていると勘違いしたミコは、早くこのトンネルから出るよう合図をしました。


ユリアには、その合図がミコからの挑戦だと勘違いします。


負けじと祓うしぐさをするユリアに、ヤバめの幽霊が見えていないとミコは理解しました。


・あの時の神様?

ハナを誘導するため「クモ!」と言うミコ。

すると、ヤバめの幽霊は回りの幽霊をほとんど取り込んでしまいます。


ミコの言葉で、幽霊がいなくなったと勘違いしたユリアは、落ち込みます。


しかし、ヤバめの幽霊がユリアの前にいる幽霊を取り込むことで、徐霊ができたとユリアは思い込みました。


ヤバめの幽霊が、ユリアを取り込もうとします。


ミコはユリアの手を引いた瞬間、ヤバめの幽霊がミコに「みえて」と声を出しました。


ミコたちを襲いかかろうとするヤバめの幽霊!


そこに、神社で見たあの幽霊が現れます。


ヤバめの幽霊を吹き飛ばし追いやりました。



何かを呟き、また姿を消します。




帰りのバスで落ち込むユリア。


突然ハナが、ミコとユリアの肩を寄せて写真撮りました。


今まで感じたことのない気持ちが芽生えたユリアは、その写真を待ち受けにしました。

3.見える子ちゃん【第14-②話】感想と次回【第15話】考察予想

幽霊は、幽霊を取り込むことでどんどん力を増しているようでした。


ミコたちを守った幽霊は、もしかしたら普通の幽霊ではなく守護霊とかでしょうか?


今回のヤバめの幽霊は、今までにないほどかなり威圧的な幽霊で、とても怖かったです。


4.まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました