【第14-①話】屍牙姫、感想・ネタバレ 美輪子はたった4人しかいないオリジナルの一人だった

屍牙姫

「屍牙姫」は佐藤洋寿さんの作品です。

ちかとのキスに物足りなさを感じていた修。


思わず逃げてしまった修は、ちかに謝るため戻ってきます。

しかし、ちかの隣には心臓を取られたはずの壮一が!?


秘密を知る人物の登場に、修は動揺します。


  • まだ前話を読んでいない方はこちらから↓

1.屍牙姫【第14-①話】考察予想と感想

壮一は心臓を絞るのが好きとかではなくて、美輪子が好きだったのかもしれません。


壮一は、友達も彼女、身内にも必要とされていませんでした。


唯一、必要としてくれるのが美輪子だったようです。

2.屍牙姫【第14-①話】ネタバレとあらすじ

※ネタバレ注意!!

・壮一の新しい居場所


新しい居場所を見つけた、と話す壮一。


肌が剥がれいく修は、早くちかと帰ろうとします。

ちかに先ほどのことを謝りつつ、壮一から離れるように催促しました。



壮一が守ってくれたと話すちかに、修は「そんなやつじゃない」と言います。


徐々に髪の毛までもが変色していく修をちかは心配します。


「何もするつもりはない」と言う壮一。

「もしちかに何かすれば・・・」と化物になりかけの修は、「お前を狩る」と言いました。



・戻ってきた壮一

その場を去る壮一。


変身に逆らえない修は、やはり一人で帰るようちかに言います。


修は、急いで走っていきました。


修のことを知りたいちかは、壮一のあとを追います。


修が壮一に強くあたることや「狩る」こと、「美輪子」についてちかは壮一に聞きました。




美輪子とは、世界で四人しかいないオリジナルの一人だと壮一は話します。


意味のわからないちかをあとにして壮一は、姿を消しました。





壮一が戻って来たことに、クラスはウワサしていました。


もともと壮一をいじめていた生徒は、再び壮一をいじめようとします。


壮一に蹴りをいれながら、生徒は仲間だった友樹の行方を聞きます。


「ふっ」と笑う壮一に、怒った生徒は、壮一を掴みかかり・・・。




3.屍牙姫【第14-①話】感想と次回【第14-②話】考察予想

壮一の不敵な笑みはかなり怖いです。


美輪子は、四人しかいないオリジナルの血族のようです。


たった四人しかいない血族。


だからこそ、美輪子は恐れられていたり、別格として扱われていたことに謎が解けました。


4.まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました