【第37話】【第38話】高嶺のハナさん、感想・ネタバレ 更田さんの後押しと気持ちが加速する天井さん

高嶺のハナさん

「高嶺のハナさん」は作家ムラタコウジさんの作品です。

「隣にいたい」とハナさんに伝えた弱木くん。

緊張と動揺のあまり、再びきつく当たってしまったハナさんは、弱木くんの言葉の真意に想いを馳せます。


  • まだ前話を読んでいない方はこちらから↓

1.高嶺のハナさん【第37話】【第38話】考察予想と感想


弱木くんとハナさんが一緒に仕事をしていることに、天井さんは羨ましいと感じたようでした。

もっときちんと部署を選べば良かったと発言するシーンがあったので、それだけ弱木くんと一緒にいたい気持ちが伝わってきます。

2.高嶺のハナさん【第37話】【第38話】ネタバレとあらすじ

※ネタバレ注意!!

・突然の告白!?2


更田さんの隣には、いつも違う女の子が側にいます。


その関係に飽きた、と感じた更田さんは、急きょ居酒屋に弱木くんを呼びつけます。


夜遅くまで、ハナさんと打ち合わせをしていた弱木くんの話を聞いた更田さんは、これ以上天井さんが入る余地はないかもしれない、と悟ります。


そして弱木くんに対し「天井がお前を好き」と言いました。


そのことについて考える弱木くんと「俺も頑張・・・」と思う更田さん。




・いつもの自分とは?

そんなことも知らず、友達とパンケーキを食べに来ていた天井さんは、タコ焼きパーティーの件について弱木くんにメールをすべきが悩んでいました。


いつもの天井さんと違うことに気がついた友達は、天井さんに好きな人ができたか尋ねます


思わず、弱木くんの雰囲気を話してしまう天井さんに、やはり好きな人ができたことを友達は確信しました。


聞いてもいないのに、弱木くんのことを話したり、欠点が多いのにもかかわらず、その人が好きだということは、本物だと友達は言います。


動揺を隠すためにパンケーキの写真を撮る天井さんは、あることに気がつきます。

それは弱木くんもまた、そのパンケーキをSNSにあげていたことでした。


友達の「運命だよ」の言葉・・・。


帰り道、夜空を見上げる天井さんは、いつもの自分について考えます。


「いつもの自分って・・・」走り出す天井さん。


天井さんが、インターホンを鳴らした部屋の住人は、弱木くんでした。


突然の訪問に驚く弱木くん。


3.高嶺のハナさん【第37話】【第38話】感想と次回【第39話】【第40話】考察予想

とんでもないタイミングでした。


更田さんが、天井さんの気持ちを弱木くんに伝えていなければきっと、普通に接することができたでしょうが、気持ちを知った上でとなると、展開がどうなるのか楽しみです。


あまりの急接近に、ドキドキします。


4.まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました