【第⑧話】半妖の夜叉姫、感想・ネタバレ 夢に出たとわ、せつな、もろはの両親たち

半妖の夜叉姫

「半妖の夜叉姫」は作家高橋留美子さんの作品です。

理玖と名乗る海賊がくれた刀を口実に、夜爪に捕らわれたとわ。


捕らわれたとわを助けるために向かうせつなともろはの前に現れたのは窮奇の手下フブキでした。

夜叉姫たちの連携で無事、フブキを倒すことに成功します。


何か訳を知っているため逃げ出す夜爪を追いかけた夜叉姫たち。

その夜叉姫たちの前に現れたのは・・・。

  • まだ前話を読んでいない方はこちらから↓

1.半妖の夜叉姫【第8話】考察予想と感想

理玖の登場で、なかなか複雑な関係図ができそうです!

そろそろ頭の中で整理できなくなってきました・・・。

とわとせつなが姉妹で、もろとはいとこの関係になり、時代樹が夜叉姫に殺生丸を・・・あれっ!?

紙に書き出してみます。

2.半妖の夜叉姫【第8話】ネタバレとあらすじ

※ネタバレ注意!!

・夢の交錯


せつなともろはは走って追いかけます。

二人に追いつけないとわは、竹千代に運んでもらうことにしました。



獣兵衛の前に現れたのは理玖でした。

獣兵衛は理玖を目上の人として扱います。


四凶を倒すように依頼していたのは四凶のことが嫌いと言う理玖のようです。



夜爪がたどり着いたのは窮奇のいる場所でした。

窮奇は夜爪に虹色真珠を渡し夜叉姫の弱みを握るよう指示しました。


夜爪の夢ひらきの術によって、夢を見るとわともろは、竹千代。


せつなは夢を見れないため動くことができます。

せつなは3人を助けるため術を吸いとるため技をだしました。


それによってそれぞれの夢が移動します。

竹千代、とわ、もろはの夢・・・。


弥勒によって獣兵衛に預けられる竹千代


殺生丸、麒麟丸と対峙する犬夜叉とかごめは、もろはを八衛門に託し・・・。


夢の胡蝶によって夢を吸いとられるせつな・・・。


夢の胡蝶が向かったのは、時代樹のところでした。


せつなは夜爪を倒すことができます。


そして現れたのは、窮奇でした。

・とわ、覚悟の蒼龍破!!!!!!!

窮奇は虹色真珠の力を使って夜叉姫たちの妖力を吸いとってしまいます


紅を塗っても変化しない、もろはは驚きました。


唯一夢を見なかったせつなだけが、窮奇に立ち向かいます。



危機に陥った夜叉姫たち。

もろははとわの能力で窮奇を倒す提案をしました。

とわは相手の妖気を吸いとる能力があります。



その能力を見たせつなは、負けてられないと技を繰り出します。


一瞬の隙をついて窮奇から妖気を取り戻すとわは。

しかし覚悟が足らず、窮奇から攻撃を受けてしまいそうになりました。


それを庇うせつなに覚悟を決めたとはは、殺生丸ゆずりの蒼龍破を出し窮奇を倒すことができました。



倒れる窮奇から、虹色真珠を理玖は奪います

3.半妖の夜叉姫【第8話】感想と次回【第9話】考察予想

夢の蝴蝶は、時代樹によってせつなの夢を吸いとっているのかもしれません。

せつなの夢のおかげで、りんは命を繋いでいる?

りんは時代樹に捕らわれているのではなく、助けてもらってる気がします。


◯時代樹の力
時を越えて令和の時代まで脅かそうとする麒麟丸は、時代樹の力がいる。
それを阻止したい時代樹は、とわとせつなに協力してもらうよう頼んだ?

りんを助けるためには時代樹の力がいる殺生丸は行動する。

その時代樹の力を高める何かが、もろはに隠されている可能性があります。

目的が違うが、もろはを狙う殺生丸と麒麟丸。

時代樹の力が高まれば、りんは救われるけど世界が混沌とする。

結果的に殺生丸はりんを救うために子供のとわとせつなに倒されることを選ぶかもしれません。


◯りんの命
殺生丸の子供を出産する際、りんは危機的な状況に陥ったと考えられます。


それで何とか命を繋ぐために殺生丸は時代樹にお願いした?



◯名前の由来

とわは永遠、妖怪を指し、せつなは一瞬、人間を指す。


もろはは両刀、妖怪と人間どちらにも危険?


もろはが今後キーワードになると思われます。

4.まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました